北海道だと、ビワは珍しく、私も数回しか食べたことがありません。

食べた回数より、よもぎ蒸しでビワの葉を蒸した回数の方が

圧倒的に多い・・・

 

「一家に一本あると良い」と言われているくらい

万病を癒す不思議な力があるそうです。

なんと、三千年も昔から、インドの古い仏典のなかに

ビワはたいへんすぐれた薬効を持ち

生きとし生けるものの万病を治す植物として登場します。

 

日本でも奈良時代からビワの葉の療法が行われていたとのこと。

 

このビワの葉も、よもぎ蒸しパック「美し」にブレンドされています。

ビワの葉には、ブドウ糖、蔗糖、果糖など色々な成分が含まれていますが

アミグダリンと言う物質が薬効成分としてビタミンB17になり

体温と共に温められると細胞まで浸透し

炎症やがん細胞も治してしまうほどの力を発揮するそうです。

 

ビワの葉はやけどに貼っておくと治りが早く、

熱が出た時や風邪や頭痛がするときも頭や後頭部に貼っておくと

すぐよくなるそうです。

私の大好きな東城百合子先生の本で勉強をしていますが、

東城先生は

「もっともらしい医薬品が氾濫している時代、こうした自然の療法は

いかにも原始的な方法に見えますが、自然そのものの働きは

ほんとうの意味でいちばん科学的なのです。」

と仰っています。

 

ん~・・・なんかわかる気がする~

 

ビワの葉は美肌にも良いんです。

よもぎ蒸しでビワの葉の蒸気を体の中に取り込んだり

皮膚に付着すると

お肌もなめらかツルツルピッカピカです。

 

温めるだけではないよもぎ蒸し。

時々、温泉や岩盤浴に行くのと同じ様な感覚で習慣にするのも

ほんっとぅにおススメですよ♡

 

Let’s!! 温活!!

Let’s!! よもぎ蒸し!!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)